吉田 誠 (Prof. Dr. YOSHIDA, Makoto)

  • 現職:立命館大学 産業社会学部 教授 担当講義

  • 専門分野:産業・労働社会学、人事労務管理論、労使関係論 研究業績

  • 現在の研究課題:転換期における人事処遇制度の選択にみる戦後的秩序の形成過程


経歴

1964年5月   香川県にて出生
1983年3月  香川県立高松西高等学校普通科卒業
1984年4月  一橋大学社会学部入学
1990年3月  同大学卒業
1990年4月  一橋大学大学院社会学研究科修士課程入学
1992年3月  同課程修了
1992年4月  一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程入学
1995年3月  同課程単位取得退学
1995年4月〜1996年3月  横浜市立大学商学部専任講師
1996年4月〜2004年3月  横浜市立大学商学部助教授
1998年4月〜2004年3月  横浜市立大学大学院経営学研究科修士課程担当教員
2001年4月〜2004年3月  横浜市立大学大学院経営学研究科博士後期課程担当教員
2004年4月〜2005年4月  香川大学経済学部助教授(経済研究科修士課程担当教員)
2005年5月〜2012年3月  香川大学経済学部教授
2008年4月〜2010年3月  香川大学経済学部経営システム学科 学科長
2009年10月〜2011年9月  香川大学学長特別補佐
2010年4月〜2012年3月  香川大学経済学部 副学部長
2012年4月〜  立命館大学産業社会学部教授
2015年4月〜  立命館大学産業社会学部 副学部長

学位

1990年  社会学士(一橋大学)
1992年  修士(社会学)一橋大学
2008年  博士(経営学)明治大学

受賞歴

2007年  第四回日本労働社会学会奨励賞(著書の部)

非常勤講師歴

1997年  横浜国立大学教育学部(社会学特講担当)
2001年  福島大学行政社会学部(産業社会学担当)
2003年  福島大学行政社会学部(産業社会学担当)
2005年  放送大学(面接授業 働くことの意味担当)
2007年  高松大学経営学部(労務管理論担当)
2013年  香川大学経済学部(人的資源管理論AB担当)

学外委員

2000年  ファッション産業人材育成機構 IFI総合研究所 アパレル産業職務モデル作成委員会委員
2000年  神奈川県中小企業センター 学生ベンチャーフォーラム実行委員会委員(2003年まで)
2002年  横浜商工会議所 雇用対策検討小委員会委員
2005年  経済産業省 四国経済産業局 「大量退職者が地域経済に与える影響調査」委員長
2006年  高松西高等学校 西高パワーアッププロジェクト 教員の指導力向上プラン地理歴史科 講師・助言者
2007年〜2013年  香川県庁 香川県職業能力開発審議会委員
2010年  香川県主催 「ワーク・ライフ・バランス フォーラム」(11月2日開催)コーディネーター
2011年〜2012年  高松市 高松市中小企業振興審議会委員
2011年〜2012年  香川労働局 香川地方労働審議会委員
2011年〜2012年  香川県庁 香川県国土利用計画審議会委員


ホームへ戻る

[古い自己紹介]