2018年の日々の雑感
(それ以前のもの:2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年2003年2002年2001年2000年99年96年〜98年
  • 3/31 京都如水会の若手に誘われて鴨川デルタあたりで花見。 


    一昨年は曇天、昨年は開花前だっただけに、今年は最高の環境であった。

  • 3/28 娘の引越しの手伝いで高松へ。まずは竹清で腹ごしらえ。珍しくお客が並んでいないのでちょっと心配したが、開店していて安堵。家族で懐かしい味を堪能した。


    並ばずに済むのは稀。

    卵の天麩羅は外せない。

  • 3/26 今日は長女の卒業式。残念ながら、朝から会議で自分は出席できなかった。
    ただ、昨夜、出張から帰る前に引越し準備中の娘の下宿に立ち寄り、久方ぶりに家族全員が集まった。満開の呑川緑道の桜を眺めながら、この4年を振り返りながらお祝いした。
    妻は引越しの手伝いに行っているので、今夜は一人。静かに祝杯をあげるとしよう。

    思えばいろいろとハラハラ、ドキドキさせられた4年間であった。

  • 3/23 久方ぶりに晴れたので、咲き始めの桜をぶらぶらと眺めながら出校。来週末あたりが見ごろかな。

    二条城西側の早咲きの桜。

  • 3/21 卒業式の後の呑みで二日酔いであったが、面白そうだったのでやってきた「京都 Whisky Party 2018」。入場料はちと高かったがいろいろなウイスキーを試飲でき楽しむことができた。  

    雨が降っていたのが残念。

  • 3/20 大学の卒業式。ゼミ4期生9名が無事卒業していった。新たな舞台でぜひ活躍してもらいたい。

    5期生からお花と寄せ書きのプレゼント。

  • 3/12 出張を終え一週間ぶりに出校。まだまだ寒いが、春は確実に来ていた。

    Spring has come.

  • 3/10 法政大学の岡本義行教授の最終講義に参加。ふとした縁で、大学教員になったばかりの頃、様々な産業集積地に連れて行っていただき、大田区の中小企業を見る視点を培わせていただいた。最近は義理を欠いて年賀状のやり取りをさせていただくだけになっていたが、研究者駆け出し時代とかさねあわせながら、今日の講義を聞かせていただいた。

    岡本先生の思想の軌跡を知ることができた。

  • 3/9 昨夜遅くにシンガポールから帰宅。疲れからなのか、時差ボケだからなのか頭がまわっていない。そんな中、長女から無事卒業が決まったとの連絡が入ってきた。家族そろってネガティブ思考なので「もしも」という事態も想定してやきもきもしていたが、これで安堵。今夜は夫婦でお祝いかな。

    家族間での連絡は専らLine。

  • 3/8 今夜遅くにシンガポール出張から帰宅。学生の短期留学研修プログラムの可能性について検討する旅であった。昨日は大学、教育機関、日系企業の支社をめぐって、有意義な話し合いをもつことができた。2泊3日の強行軍ではあったが、国際化担当副学部長最後の出張を無事終えることができて安堵している。

    ご存知、マーライオン。初日の夜にシンガポール在住の友人に連れていってもらった。

  • 3/3 妻が次女の引越しを手伝いに東京に行ったので、一人町家で開催されている骨董市へ。良さげな物が多かったが財布と相談して今日はちょっと断念。
    さて、今夜は一人でどう過そうかと画策中。

    なかなか良さげな片口があったのだが。。。

  • 3/2 昨夜躊躇していた厚岸NewBornを開封。長女の初任地が高松に決まり、次女がこの週末に引越しということで、夫婦でそのお祝いかな。若くて度数も強いこともあって、妻の「まだやんちゃだね」という一言に同意。

    妻がもう一本買っていたのでついつい

  • 3/1 最近話題になったウイスキー、厚岸NewBorn。たまたま某所に売っていたので衝動買い。厚岸蒸留所の記念すべき初出荷品ということでうやうやしく開封するか、それともコレクションとして保存しておくかで悩ましい。妻にどうしようと尋ねたら、もう一本買っておけばよかったのにと言われてしまった。

    ヤフオクなどではすごい値段になっているようだ

  • 2/24 昨日から韓国の中央大学校で開催されたIPAC(International Postgrauate Academic Conference)が無事終了した。立命館との共催で隔年交代で行われている院生の学術交流会議。3年間国際担当副学部長として立ち合ってきたが、この立場での参加は今年が最後。次への種は蒔いておいたので、新たな展開の芽が出ることを期待している。

    参加者全員で記念撮影。

  • 2/18 昨日、机の上にiPhone6sを2〜3時間放置していた。さあ走るぞと立ちあげると、電池残量がゼロになっていた。放置前に確認した時は100%だったはずなのに。最近、電池の持ちの悪さが気になっていたが、これはあかんということで、本日、新しいiPhoneに機種更新。8にするかXにするか迷ったが、顔認識は時期尚早との判断から8にすることにした。TouchIDの感度は随分とよく、使い勝手は従来通り。iPhoneを使い始めて10年になるが、最後のtouchボタン付きiPhoneということになるのであろうか。

    カメラの性能向上はどうなのか。ちょっと期待。

  • 2/15 7日かけてようやくフルマラソンの距離に到達。今週の会議もひと段落したし、長女も帰ってきたので、妻と娘からのチョコで3日ぶりの一杯かな。

    最初はカリラと白州から。

  • 2/10 出張二日目。日中は国会図書館で資料収集。今日もいい資料に出会うことができたが残念ながら複写不可。一生懸命手書きで写す。こんな経験は久しぶり。
    夕方、杉並公会堂で開催された次女のサークルの定期演奏会を聴きに行った。さすがは大学生ということで安心して聴けた。
    充実した二日を終えて現在、京都に帰ってきた。

    3枚分筆写して手が痛くなった

    次女はトランペット

  • 2/9 横浜出張。得るものがあって寄るお店は昔お世話になったところ。娘にはふられたけれど、楽しいひと時を満喫した。

    上大岡の割烹浜ゆうさんにて

  • 2/2 午後、資料収集で京都府立図書館を訪れた。昨日も来たが、今日は複写忘れが発覚したためで、ちょっとテンションが低め。
    しかし、せっかく東山近辺に来たということで、節分行事をしている須賀神社、聖護院、吉田神社とめぐってみた。須賀神社では烏帽子を被った「懸想文売り」、聖護院では鬼が出迎えてくれた。
    吉田神社は普段の静かな雰囲気とは異なり、大勢の人出でにぎわっていた。化粧前の舞妓さんも来ていて、ちょっと得した気分で帰宅した。

    須賀神社。「懸想文」とはラブレターのことらしい。

    聖護院

    吉田神社

  • 1/31 一月中になんとか試験の採点も終え、僅かながらちょっとした空白の期間ができたので、正月明けから取り組んできた論文執筆作業を再開。当初の直感は確信に変りつつあるも、しかし余りにも奇想天外な主張なので荒唐無稽、トンデモ論文と言われかねない。さてどうしよう。

    2月半ば以降は会議漬けとなるので今しかない。

  • 1/28 雪の散らつく京都市内をぶらぶらと散策。妻の提案で三条通りにできていた滋賀県高島市のアンテナショップ「かもす家」のスタンドバーに立ち寄った。高島市にある5つの日本酒蔵の酒が呑める五蔵セットを楽しんだ。どの酒も個性があり、魅力的。おつまみも美味しく、滋賀に住むのもありかなとちょっと思ってしまった。

    おつまみ付きで1500円はリーゾナブル。

  • 1/25 出勤途上の北野天満宮は初天神。昨夜の雪が残っていて、出店数は初天神にしては少なめであったが、そこそこの人出。ぶらりと周って、手頃なぐい呑みとお湯割り用に良さげな湯呑みを購入した。明日は試験監督なので今晩は我慢して、明晩デビューさせようかな。

    屋根には雪が

    午前中は晴れたので人出は多い。

    妻曰く、「あなた好みの(地味な)やつね」。

  • 1/18 4期生、最後のゼミが終了。期せずして、花束と寄せ書きを頂いた。ちょっとウルっときたが、そうした気持ちに浸ることなく次の3回生ゼミに。彼らはこれから大学生活最後の試験に臨むことになるが頑張って無事卒業してもらいたい。

    最後まで残ったのは7名でした。

  • 1/13 昨夜は出張で関西に来られていた安久工機の田中社長と久方ぶりの一献。自宅呑みした後にいつものあきよしさんへ。立ち講義終了の夜を楽しくすごすことができました。

    自宅ではスコッチの飲み比べ。

  • 1/11 明日は今年度最後の立ち講義。明晩はどれから攻めようかと妄想しながら予習中。はかどらないわけだ。

    前列左から二本目のオールド・パーは実家にあったオールド・ボトル。「特級」と印刷されている。

  • 1/10 午後から神戸でお仕事ということで、ランチは高校の同期のお店、つねさで。安くて美味しく、元気をいただきました。

    これで650円

  • 1/8 次女の成人式。生憎の冷たい雨となってしまったが、無事迎えることができ安堵。これで我が家の新春の行事も一段落。

    平安神宮の鳥居にて。

  • 1/6 今日は玉の輿神社として知られる今宮神社に娘たちを連れていった。一生懸命にお願いしている娘たちに、父親としてはちょっと複雑な気持ち。帰り道、参道で名物のあぶり餅を食す。平安時代から続く老舗だけあって行列。寒いなか、熱々のあぶり餅を美味しくいただいた。

    二人並んでお願い。

    二つあるあぶり餅屋さんで選んだのは一和さん

  • 1/5 今日は今年の講義初日。年末、年始とあまり動いていなかったので、2週間ぶりの講義はちょっと疲れた。夕食には、弟からお歳暮で貰った毛蟹を家族で食す。八日に成人式を迎える次女が蟹味噌の味にはまったようで、大人になったことを実感したw

    蟹は美味しいが、会話がなくなるのが残念。

  • 1/1 喪中なので静かな新年。ただ、次女も二十歳となったので、娘二人と初めて一緒に呑むことができた。自分で仕入れた正月用の酒は失敗だったが、義兄から貰った天寿は当たり。風邪をひいて散々だった昨年末だったが、これからの一年が良き年でありますように。

    つまみはいぶりがっこに、クリームチーズ。