myface.JPG
My face drawn by my wife, Yumiko

Welcome to YOSHIDA Makoto's web site!

I am Makoto Yoshida, professor
at College of Social Sciences ,
Ritsumeikan University.

For English Readers!

 最終更新日
2019年8月22日

 コンテンツ
 [労働関連News]
 [プロフィール]
 [研究業績]
 [教育・社会的活動]
 [Link]
 [全自研究]
 [メッセージ]
 [労働研究ガイド]
 [立命館吉田ゼミ]
 [香大吉田ゼミ同窓会]
 [市大吉田ゼミ同窓会]
 [過去のページ]
 [about this server]
 [English version]
 [毎日キノコ]
 [加茂の箸置き工房]

日々の雑感

  • 8/22 昨日は前任校に出向いての資料収集。空襲で図書館が灰燼に帰した高松経専(現、香川大学経済学部)は、戦後になって教員や学生が勢力的に図書を集めたという話を聞いたことがある。そのためか、私の研究対象である戦後直後の文献がなかなか揃っていて、今回も貴重な文献を入手することができた。
    夜はかつての同僚たちと一献。楽しい一時を過した。

    1次会

    面子が若干変わっての3次会

  • 8/14 長女が希望した東華菜館で遅い昼食をとった後、明日は台風で家から出られそうにないということで、娘たちの買い物につきあう。すっかり散財したので、自宅での晩酌につきあってもらえるかと期待していたが、あんがいあっさりで拍子抜け。子どもたちとの駆け引きほど難しいものはないとあらためて実感。

    ヴォーリーズ設計の東華菜館にて

  • 8/13 娘たちが戻ってきて、1月以来ぶりに家族がそろった。家族の馬鹿話で過ごすひととき。

    坊屋とあきよしの2軒をはしご

  • 8/11 午前中は平安神宮前で平安蚤の市。午後は下鴨神社の古本祭。次女が急遽帰ってくることになったのでゆっくり見ることができなかったが、祖父が倉吉高等女学校の教員時代に半年留学していた国民精神文化研究所の紀要を発見。折角なので買っておいた。「お盆だから呼ばれたのよ」とは妻の言。そんなことはないだろうが、盆明けには故郷に墓参しておこうかな。

    平安蚤の市

    下鴨神社の古本祭

    奇しくも祖父が留学した年度の号であった。

  • 8/6 売れ筋の新書『日本社会のしくみ』をパラパラめくっていたら「経済学者の吉田誠」が目についた。経済学者を自称したことないのでよく確認してみたが、やはり自分であった。マニアックな研究をよく参照してくれたものだ。

    もう4刷とか

  • 8/2 立命館守山で開催された一貫教育部主催の研修会に参加。ICT を活用した初等中等教育の実践に触れた。
    しかし、今週もいろいろあった。早く研究に復帰したいが、来週前半までいろいろと業務が続く。しかたがないので今夜はふて呑みかな。

    立命館守山高校・中学校

  • 7/31 7月走り終い。今月もなんとか3桁超え。ただ暑すぎて苦しい。来月はどうなることやら。

  • 7/26 大学院の資料文献研究(いわゆる原書講読)の授業を終え、ようやく春学期が終了(学部の授業は一週間前に終了済み)。3人の院生が欠席を一度もすることなく、非常に熱心に受講してくれた。毎回の予復習もしっかりしており、本当にやりがいのある授業であった。英文解釈的な説明に時間を割いたため、遅々たる歩みであったことを反省しながら一人晩酌。

  • 7/24 祇園祭の還幸祭。今年は祇園祭1150年を記念して三条会商店街の八坂神社又旅社(祇園祭発祥の地)には3基の神輿が勢揃い。このため人混みも交通規制も厳しく、残念ながら3基の神輿を同時に見る位置は確保できなかった。しかし、気合いの入った神輿の巡幸に山鉾とはまた別の祇園祭の一面を堪能することができた。(動画はこちら

    最後に出発した錦の神輿

  • 7/23 後祭の宵山。最後を飾るのは南観音山のあばれ観音。23時過ぎにミイラのようにグルグル巻きにされた本尊の揚柳観音さんが神輿にかつがれ町内を3往復。「ワッショイ」のかけ声で激しく揺さぶられ、非常に勇壮であった。(動画はこちら
    明朝は山鉾巡行で、夜には3機の神輿が京都の街を練り歩き、八坂神社に戻される。7月一杯祇園祭は続くというが、一般人が楽しめる行事は明日でほぼ終わりかな。

    神輿の前には善財童子像を担いで走る人がいるらしいが気がつかなかった。来年の宿題かな。

  • 7/20 祇園祭の後祭がスタート。北観音山の曳き初めに参加して、チョコモナカを頂いた。

    噂では南観音山はチョコなしモナカらしい。

  • 7/16 前祭の宵山。22時の函谷鉾の提灯落としを見学。8年目の祇園祭で初体験となった。なかなかの迫力。(動画はこちら

    提灯の灯が消され、提灯が一斉に落された。

  • 7/15 祇園祭りの宵宵山。四条通りと烏丸通りが歩行者天国となり、多くの人であふれていた。明日が休みならゆっくり呑んで楽しめるのだが、仕事なのでコンチキコンチキを聴きながら雰囲気だけを味わってきた。

    それにしても人が多すぎた。

  • 7/9 2年ぶりに学内誌へ論文を投稿した。1月末に着手したので半年近くを費やしたことになる。こんなに時間がかかったのは、当初の構想を変更し2本に分けることにしたためと、学内行政のごたごたで春休みが活用できなかったためである。夏休みには分けることとしたもう一本の方に着手したいが、どうなることやら。
    相も変わらずマニアックなテーマだが、某大先生からは年初の挨拶で「全自日産の研究をまとめる仕事はどうなっているのですか」と尋ねられていたので、なんとか一踏ん張りしておきたいところ。来年こそと答えたいところであるが、鬼に笑われそうなのでやめておこう。

    全自日産の最初の論文が2004年なので、もう15年。15本目の論文なので1年1本ペースかな。

  • 7/6 きのこを見にいった土曜日午前中の児童公園。公園に来ている親子連れのほぼ全てが父子だった。ちょっと意外。世の中少しずつだが、変わってきているのだろうか。

  • 過去の「日々の雑感」

  • CM

    『査定規制と労使関係の変容』 大学教育出版
    定価2400円(+消費税)ISBN978-4-88730-739-1

    第四回日本労働社会学会奨励賞受賞。
     
    Amazonに在庫あり。
     
    1. 法政大学『大原社会問題研究所雑誌』593号(08年4月)
      遠藤公嗣明治大学教授による書評が掲載されました。

    2. 独立行政法人 労働政策研究・研修機構『Business Labor Trend』28号(07年7月)の「図書館だより」で紹介されました。

    3. 『日本労働社会学会年報』第18号に杉山直氏による書評が掲載されました。


(since August, 19, 1996)
現カウント数は2011年4月21日より

コンテンツ紹介&最近の更新録

Made with Macintosh

 

本ホームページは岡本真氏の『これからホームページをつくる研究者のために』(築地書館、2006年)で紹介されました。

Copy Right Reserved.
Link Free!