myface.JPG
My face drawn by my wife, Yumiko

Welcome to YOSHIDA Makoto's web site!

I am Makoto Yoshida, professor
at College of Social Sciences ,
Ritsumeikan University.

For English Readers!

 最終更新日
2017年11月15日

 コンテンツ
 [労働関連News]
 [プロフィール]
 [研究業績]
 [教育・社会的活動]
 [Link]
 [全自研究]
 [メッセージ]
 [労働研究ガイド]
 [立命館吉田ゼミ]
 [香大吉田ゼミ同窓会]
 [市大吉田ゼミ同窓会]
 [過去のページ]
 [about this server]
 [English version]
 [毎日キノコ]
 [加茂の箸置き工房]

日々の雑感

    試験休みということで、次女が昨夜戻ってきた。来週二十歳の誕生日を迎えるので、今日は妻と買い物三昧。明日には帰るというので、ちょっと早いけどケーキでお祝い。次回戻ってきた時にはお酒で迎えることになるのかな。

    今回の帰省の目的は誕プレだったのかな。

  • 11/12 関空経由での台湾旅行を終えて戻ってきた長女が京都の紅葉を経験したいというので、天授庵、南禅寺、哲学の道、金戒光明寺、真如堂と巡ってきた。天授庵は既に紅葉の盛りを迎え、真如堂はこれから本格化という感じあったが、どこも人があふれていた。もう少し晴れていれば赤い色も映えるのだがと思いながらも、晩秋を迎えつつある東山の散策を楽しんだ。

    南禅寺山門から臨む天授庵

    真如堂。

  • 11/10 先月受診した健康診断の結果が返ってきた。初めて全ての項目で基準値内におさまった。今夏、頑張って走った甲斐があったというもの。このところ足が痛くて走れていないのがちょっと不安だが、何はともあれ今日のところは祝杯をあげよう。

    ちょっと呑みすぎました。

  • 11/8 今日は横浜へ日帰り出張。横浜市中央図書館でマイクロフィルムとにらめっこしてきた。なんとか予定通りに作業を終えたが、ブラウン管の閲覧機で細かな字を長時間追いかけるのは随分ときつくなってきた。
    さて、空いた時間で、アーキビストの祭典、図書館総合展を覗いてみた。これまでの研究で随分とお世話になったメリーランド大学のプランゲ文庫の出展がお目当て。留学先に考えているので、中の人にぜひお話を伺いたかったが、お会いすることはできなかった。時間があわなかったようだ。仕方がないので「ご自由にお取りください」と書かれた箱のなかから缶バッチを1個頂いて会場を後にした。

    プランゲ文庫のポスターセッション

    残り2個のうち、プランゲさんの顔写真のバッジを頂きました。

  • 11/3 世間は三連休初日らしいが、しっかり講義日。いつものお店でおでんも始まったし、何より労働の後のお酒は美味しい。

    ちょっと呑みすぎてしまった

  • 10/31 キャンパスの木々が良い感じに色づいてきた。今年の紅葉はちょっと早そうだ。天気もよくてのんびりしたいが、今日の午後はまるまる会議。終ったころには暗くなっているんだろうな。

    今年はゆっくり紅葉狩りをしたいものだ

  • 10/29 昨日は、ゼミ生を連れて東京で開催された四大学合同ゼミ(明治大学山下ゼミ、東京女子大金野ゼミ、横浜国立大学小川ゼミ)に参加。異なる大学で学ぶ同世代の学生と議論することによって、多くの気付きを得ることができたのではないだろうか。懇親会も盛り上がり、充実した一日となった。

    発表を終えてリラックス

    2次会後。最後まで残った人達。

  • 10/27 今日は長女の誕生日。先週末、こっちに戻ってきていたので、一足先に祝っておいた。来春からは社会人。一緒に祝えるのはこれが最後だったかなと思いつつ、グラスを傾けている。

    長かったというか、早かったというか。

  • 10/25 2週間ぶりに走ったら大台をきって自己新。

    でも疲れた

  • 10/20 きつい一週間がおわったし、長女もいるので、今夜はマッカランを開封した。

    丸氷は自家製

  • 10/19 長女が帰ってきたので、久方振りのすき焼き。講義の前日は呑まないことにしているけれど、こんな日は仕方がないよねと自分に課した掟を破ってしまった。

    今日のお酒は奈良の銘酒、春鹿

  • 10/15 昨日、富山大学で開催された労働社会学会で発表。盛り込み過ぎて時間オーバーのうえ、尻切れとなってしまったのはちょっと残念であった。ただマニアックなテーマにもかかわらず、関心を持ってくれた方もいて、やった甲斐を感じることができた。次へと繋げて行きたいところ。

    報告タイトルは「戦後初期の日産自動車における臨時工と労使関係」(レジュメ

  • 過去の「日々の雑感」

  • CM

    『査定規制と労使関係の変容』 大学教育出版
    定価2400円(+消費税)ISBN978-4-88730-739-1

    第四回日本労働社会学会奨励賞受賞。
     
    Amazonに在庫あり。
     
    1. 法政大学『大原社会問題研究所雑誌』593号(08年4月)
      遠藤公嗣明治大学教授による書評が掲載されました。

    2. 独立行政法人 労働政策研究・研修機構『Business Labor Trend』28号(07年7月)の「図書館だより」で紹介されました。

    3. 『日本労働社会学会年報』第18号に杉山直氏による書評が掲載されました。


(since August, 19, 1996)
現カウント数は2011年4月21日より

コンテンツ紹介&最近の更新録

Made with Macintosh

 

本ホームページは岡本真氏の『これからホームページをつくる研究者のために』(築地書館、2006年)で紹介されました。

Copy Right Reserved.
Link Free!